Pocket


 

人間観察・性格のことわざ集

【インド編】

 

 

vol.1  怒りの凶暴性

 

“Anger is as a stone cast into a wasp’s nest .”

スクリーンショット 2016-01-07 9.30.08

怒りとは スズメバチの巣に

石を投げ込むようなものである

 

怒りは大きな災いを招く

[ 意味 ] 怒りに身を任せて事を成せば, 多くの災難が自分の身に降り掛かってくる. それくらいの覚悟をしておかないとならない.

 

スポンサードリンク




 
 

vol.2  適材適所

 

“Never use a dwarf to measure the depth of the water.”

スクリーンショット 2016-01-06 23.05.34

川の深さを測るのに小人を雇ってはならない

 

川では小人は簡単に流されてしまう

[ 意味 ]  適した人材を登用しないと事がうまく運ばない . 相手の能力や特質を十分に理解することである.

[ 類義語 ]  適材適所

 

vol.3  執着

 

“Love from someone who is bad is worse than his hatred “

邪悪な人間からの愛は

その者の憎しみよりもひどい

 

悪意のある人間からの愛は非常にやっかいである

[ 意味 ]  不道徳な者からの愛は, 異常な執着があり 憎しみをむき出しにして相手を食い物にする . 言葉巧みで周囲には仲間も多く, 表面化していない. その者から離れることが難しい.

世界の諺/インドの格言

 
 

vol.4  パワーバランス

 

“The man who has mounted an elephant will not fear the bark of a dog.”

スクリーンショット 2016-01-07 20.22.34

象に乗る者   吠える犬を恐れず

 

象に乗れば 犬に襲われる心配がなくなる

[ 意味 ]  相手の威を得れば, 今まで恐れていたものが取るに足らなくなる. 強力なサポートを得れば, 自らのステージも変わる.

[ 類義語 ]  虎の威を借るキツネ

海外の慣用句/印度の教え

 

vol.5  三者三様

 
 

“There are as many characters as there are individuals”

スクリーンショット 2016-01-09 12.15.14

人がいる分だけ

それぞれ異なった性格があります

 

十人十色 

[ 意味 ]  人それぞれに異なった考え方や感じ方があるということ.

[ 類義語 ]  三者三様

外国の発想/インドの金言

 

 

vol.6  打ち克つ

 

“The way to overcome the angry man is with gentleness, the evil man with goodness, the miser with generosity and the liar with truth .”

スクリーンショット 2016-01-07 23.14.58

怒った者に打ち勝つは

” 優しさ ” である

邪悪な人間には

” 善性 ” である

ケチには”寛大さ”であり

嘘つきには”真実”である

 

徳を積む 生き方である

[ 意味 ]  自分自身の心の中に打ち勝つである

有名でない名言/英語翻訳

 
 

vol.7  無益

 

“What is the use of crying when the birds ate the whole farm?”

スクリーンショット 2016-01-09 12.01.21

鳥がすべてのエサを平らげた後

鳴く意味はあるのか?

 

目的を果たした後は 鳴く必要がない

[ 意味 ]  すでに事が終わった後では, まったく役に立たない様子

 

インドの言い習わし

 


 
スポンサードリンク