スクリーンショット 2016-01-07 21.01.34



Air India




スリンダルさんの叔父はシンガポール航空で ボンベイ行きのチケットを予約した。彼はこれが初めての飛行機の旅だったので, いくつかの準備をしてきました。


機内食で 添乗員がやって来たとき , 彼は 声高に こう言いました。


「飲み物と食べ物の代金は払わんぞ, よいな」

それから 他の乗客全員に食事が配られ, 彼も用意してきた昼食を取り出しました。


隣りの席に座っていた アメリカの歴史学者が 興味津々に聞いてきた。「すいません, その飲み物は何ですか?」
その叔父はその ラッシーを取り出し, こう答えました。

「これは 偉大なるインドの牛乳だ」

それから 数枚のチャパティを取り出して, 本格的に食べ出しました。

「これは 偉大なるインドの小麦だ」と誇らしげに答える叔父。

最後に 叔父はデザートを取り出し, それをその学者にも分け与えた。


食事の後 , 一段落して, 静まりかえっていた機内で叔父の席から『ブブッブーー』と大きな屁が聞こえてきました。
その老人は トーンを落とし 落ちついた口調で答えた。

「これは AIR INDIA じゃ。」




“Surinder’s uncle was booked into an SIA flight to Bombay. But as this was his first time in an airplane, he made a few preparations that were out of place.
“When the stewardess came around to take orders for the in-flight meal, the uncle declared loudly, “I have brought my own lunch. Make sure you don’t charge me for food and drinks!” 
So, as everybody was given their in-flight meal, the uncle began spreadingout his own home-cooked meal.

The man sitting next to him was an Americanhistory researcher, who was curious about the food. “Excuse me, what isthat drink?” he asked. 
The uncle picked up the yogurt-based lassi drink and said, “Milk of India!” 
The the uncle took out several pieces of chapattis and started feasting.
“And what is that dish?” asked the curious American. 
“Wheat of India!” replied the uncle proudly. 
Finally, the uncle took out some desserts. He offered some to theAmerican. “What is it?” asked the American. 
“Sweet of India!” replied the old man. 
After the meal, everyone was settling down when there was a loud “Pooooooooot!”
from the uncle. “What was that?” asked the American in disgust. 
The old man replied coolly, “That’s Air India!”